読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月夜の留守番電話

外国旅行記と小説。

ワン・ウーマン・ショー ~甘い幻~

ガットギターをかき鳴らし、髪を振り乱す彼を見つめていた。ドレスの裾から伸びる脚と、まっすぐに伸ばした腕は、誰に向けていたのだろう。みんなは、彼と私を待ちわびてくれる。私たちの演奏のために、ここに足を運んでくれる。

彼が奏で、私が踊る。それだけでよかったのに。

東京のスペインバルでフラメンコダンサーとして生計を立てられるようになって、三年が過ぎようとしていた。いくつかのバルを転々とし、あるいは何人かのギター奏者と共に作品を作り上げ、私は少しずつ自分の可能性が閉じていくのを感じていた。それは自分自身のせいかもしれないし、東京のせいだったかもしれない。でも私は、その原因をギターの音色に求めた。

私のダンスパフォーマンスは、ギターによって大きく左右される。誰と組んでもプロとしての踊りのクオリティを保ちながら、しかし他を圧倒するような、私以外のフラメンコダンサーを認めさせなくするような踊りを披露するとき必ず私は、ギターの音色と、その曲の持つ世界観と、自分自身のその世界への奇妙なシンクロを体感している。しかし、それを味わうことはめったにない。
ただプロとして踊り続けることに、私は疲弊していった。そしてそれは、私のフラメンコに対する快楽の消滅を意味していた。

快楽無き踊り。

彼に出会ったのは、そんなときだった。

最初の一音で、私は何かが分かった。そのときにはもう、私は音楽に身を委ねていた。彼の奏でる音。それは私を操り、どこかへ導いた。私はこれまで体験したことのない快楽と、このまま踊り続けた先の破滅を心の深くで感じ取り、演奏後に混乱して泣いた。

逃れられない快楽と、その先の破滅。

夕闇は、ギターに落ちる彼の影を色濃くする。私はくるりと回り、ドレスの香りを彼に向けて飛ばす。

勘違いしていたのは私だったのだろう。分かっているはずなのに。

彼が奏で、私が踊る。それだけでよかったのに。