読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月夜の留守番電話

外国旅行記と小説。

NaNaNaサマーガール

フリルのついた真っ白なビキニを着た彼女が、リビングでソワソワしている。ソファに座り、テレビのリモコンをとってスイッチを入れたかと思うとすぐに消し、手近にあったファッション雑誌を数ページだけめくって放り出し、少し歩きまわって床に落ちているゴミを拾い、またソファに戻る、そんな感じだ。

「まだ家なんだから、服着ろよ。風邪引くぜ?」と僕はキッチンでレタスをちぎりながら言う。傍らにはすでに、トマト、ハム、タマゴ、スモークサーモンが用意してあり、今朝パン屋さんで買ってきた食パンもカットしてある。

「だって超楽しみなんだもん!ユウくんと海行くなんて初めてだし。このビキニ、どう?似合う?」胸のフリルをひらひらさせて、昨日から4回目の質問をする。もちろんとても似合っているし、本当にかわいいと思うけど、何度もそんなことを言い合っているのはバカっぽくて好きじゃない。だから少しだけ、距離を置いた受け答えをする。

「それより、準備はもうできたのか?こっちはサンドイッチの具材挟んじゃえばほとんど出かけれるけど。日焼け止めとか、もう塗ったのか?」

しまった!と叫びながら、彼女が日焼け止めを取りにいくドタドタした音が聞こえる。嬉しそうな彼女はキュートだが、少しうるさくてめんどくさい。きっとこのあと、車に乗って最初の15分ぐらいは運転の妨げになるぐらいたくさんしゃべって、いつの間にかコテンと寝ているのだろう。

でも僕だって、今とても楽しい。僕の作ったサンドイッチを持って、僕の運転する車で、大好きな彼女と一緒に海に行く。彼女は、彼女を投影したような真っ白で愛らしいビキニを着ている。最高じゃないか。色の濃いサングラスをかけて、男友達3人で、誰でもいいからビキニの女性を見に海に出かけた3年前の自分に、今のリア充ぶりを見せてやりたい。

色の濃いサングラスなんて、もう必要ない。君だけを見ているから。きらめけ、僕のサマーガール。